八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
平山 郁夫
2010/03/08 21:44:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 絵画

2月に仕事でお邪魔した生口島瀬戸田にある平山郁夫美術館。館内の絵画を撮らせてもらいました。

どの絵画も素晴らしいものばかり。


特に目をひいた絵画がありました。
























求法高僧東帰図・・・・・天竺への道を、玄奘や法顕のように多くの求法僧が目指した。求法僧の中には、道に迷ったり、病に倒れたり、あるいは盗賊に襲われたり、多くの旅人たちと同様に、途中で倒れ、目的を成就できなかった人も多い。この図は、天竺求法を終えて、中国へ東に向って帰る砂漠を行く集団の僧たちであるが、天竺への求法の旅を果たした何人もの僧たちがたどったその姿を象徴的に描いたものである。

何か惹きつける図柄でした。現物を見るとその作者の思いが伝わって来るものです。是非、機会があれば絵画展に足を運んでみて下さいな。。。でも、離島だとなかなかそういう場面は少ないですね・・・・

























平山画伯は日本画の画家ですが、シルクロードを訪問するようになってから岩絵具を使うようになったそうです。私達が商品として使っているラピスラズリは青、マラカイトは緑、タイガーアイは黄色として使用。繊細なタッチの日本絵に天然の岩石を使うことで幻想的なタッチになることに気が付いたのだと思います。

























この絵も大変有名な絵画です。先程の絵画もそうですが幅は3メートルを超える大作が多いのが平山画伯の特徴でもあるのです。





トラックバック(0)