八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
東北・関東大震災 その1
2011/03/31 18:38:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

その日は、いつもと変わらずにホテルで朝食をいただいて何も変わらずいたって普通の日でした。

でも、2日前私たちが東北に向かう途中、大きな地震が発生し速度規制の電光掲示板が目に入った。その時、震度5の地震が東北地方を襲っていた。

石垣島で動き回っている人間として今回被災したのは私だけかもしれない。身内の方々や友人が該当地にいて悲しい思いをしている方もいるかも知れません。これは今後の防災意識を高める為にも画像を記事として使います。賛否あるのは承知ですが、広く沖縄県や島嶼に住む人、そして、私のブログを観ていただいている方々に伝えたいと思います。



「この時期、雪は積もらないよ・・・」そんな時期外れの珍しいパウダースノー震災前日の事でした。






































































そして、搬入セッティングをするために朝の8時30分「佐沼ロックシティ」に入りました。

午前中は驚くほど忙しく、お昼を頂いたのが午後の1時位だったと思います。そして、いつものナンカレーを食べ、身支度をして午後のスケジュールに入っていきました。

7回開催しているので、顔馴染みのお客様も大勢いてワイワイと楽しく進んでいました。

午前からも余震が何度となくあって、2日前の「余韻だろう・・・」程度の感覚で仕事をしていました。

そして、その時、3月11日午後2時46分頃、ユラユラガタガタと地震が来た。(後日聞くと人により感じ方がマチマチだが、地震計の揺れは初動は約8秒。因みに阪神・淡路大震災は15秒。)中々長いなと思った矢先・・・地底深くから明らかに地表向かい地鳴りが向かってきている。

ヤバいぞこれは。と思った瞬間。

表現出来ない揺れが襲ってきた。激しい横揺れが延々と続く、とにかく建物の崩壊が脳裏をよぎり、柱の近くに背中を押し付けた。弱まる気配はなく更に激しくなる。地震というよりは箱を激しくゆすられている感じだ。

まだ終わらない、強弱はあるが中々弱まらない。あまりに長い揺れなので、建物の強度が心配になってきた。

お客さんとお店の店長はじめスタッフは宝石ケースの下に隠れているいるようだ。でも、ケースと一緒に右左と大きく揺さぶられている。

2分は揺れてる。もう許してくれ・・・そんな気持ちになるほど揺れに揺れた。バチバチと火花が散っている・・・と思っていたら電気が切れた。電気供給を止めたんだな・・・火災が心配だ・・・

まだ、だ・・・天井の照明器具が激しく左右に大きく揺れて天井に激突し続けている。これが俺の方に落ちたらヤバいな・・・そう思いながら天井の崩落に備えた。

壁のガラス棚がストッパーを破壊して私の足に容赦なく落ちてくる。天井がバラバラと崩れ始めている。天井の空調ダクトが建物揺れで見えたり見えなかったりと、固定されている物がダメになってきているのがわかる。



「おっ?」揺れがすーっと・・・引いていく。

初めて館内に残っていた買い物客の声が聞こえた。皆一斉に外に駆け出して行く。赤ん坊を抱えている若い母親・・・子供の手を引き外を目指す父親。

私たちは店内の現状写真を撮る。また来るな・・・そう思った。



佐沼ロックシティの従業員は防災訓練が行き届いる。率先して館内に残っている人を外に誘導していた。


白く煙る館内を声を掛けながら小走りで進んでいる女性スタッフ。初めて気がついた、非常ベルが鳴っている。























一度目の揺れが収まり駐車場に非難してきた店内の人。断続的に揺れ続けている。建物全体が歪んでいるのが分かりますか?画面左は少し前のめりで、右は後ろ側にひねっている・・・
























この日は寒い日でした、このあと雪が降って来ました。

この時、海岸線を津波が襲い掛かるとは・・・大きな揺れの後で家の中を確認していた時間かもしれない。。


モール内のテナントスタッフが商品のジャケットを提供して避難中の私たちに差し出してくれました。現場現場でのリーダーシップが発揮されていました。

そして、このショッピングセンター本体の災害対策チームが全員非難してから30分後には立ち上がっています。そして、各店舗が商品を持ち寄り、ブルーシートでお年寄りや乳幼児の為の即席のテントを設営していました。

私たちも車を提供して、暖房を入れた状態にしてお子さんを抱えている方々に非難してもらいました。


この一枚が被災後初めて撮ったカット。
























仕事をしていた店内。























モール内の状況







































































とにかく、施設内立ち入り禁止になる前に商品を集め、避難生活に入っていきました。


続く。

トラックバック(0)

2011/03/30 18:04:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

島原から無事戻りました。先日も紹介した社宅近くの桜が八分咲になっていました。

今日の東京は暖かい。

明日、こちらで仕事をして石垣に戻ります。
トラックバック(0)

角煮ホットドック
2011/03/30 10:17:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

長崎空港到着。

霧で飛行機が何機か上空旋回中とのアナウンス。
ワタシは11時間の飛行機なので影響はなさそうだ。

お腹がすいたので長崎名物角煮をホットドックで頂きます。これは初めてなんで楽しみ。
トラックバック(0)

島原出発
2011/03/30 07:32:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

震災での被災後、初めての仕事が雲仙普賢岳の噴火による被災から見事に復興した長崎県島原だったのは何かのご縁だったのかもしれません。

街中には噴火により出来た溶岩を至るところにモニュメントにしていて復興に対する意気込みを感じる街です。

先の東北・太平洋沖大震災の被災地も必ず復興します。

止まってはいられない、みんなで前に進みましょう。

では、まずはバスで長崎空港まで移動します。
トラックバック(0)

新たな仲間
2011/03/29 22:21:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

先日の震災で破損してしまったノートパソコンに変わり、新たなパートナーがやってきました。携帯も新しくなります。

新規一転、あらたな気持ちで4月を迎えたいと思ってます。

今の携帯からアップするのはあとわずかになりました。一生懸命働いてくれました。君たちは機械だけど、感謝しています。

新しいマシン君たち、よろしくね。
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]