八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
本日のお客様
2010/10/31 23:32:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


PAIKAJI石垣滞在中特別企画、本日のお客様シリーズ。。。

私の敷地は約300坪。ほっとけば雑草の屋敷なのですが、手入れをしてもしなくても生き物には大変好まれるフィールドのようで、天然記念物のセマルハコガメや、同じく天然記念物のキシノウエトカゲは常に生息していますし、春先は繁殖で東南アジアから渡ってきているアカショウビンや、通年ではヤエヤマオオコオモリなどが住みかにしている野生の大国なので観察には不住しない場所。。。ほかにも色々ありすぎて・・・ハブも家の中に入ってくるので開いた口がふさがりませんな。

では、本日の画像など。

なんだ、こやつは。






















毛虫の種類か?






















いやいや、6本足ではないか・・・さては昆虫系?






















石垣島には何種類のホタルが住んでいると思いますか?アカホタルモドキ・イリオモテボタル・オオシママドボタル・キイロスジボタル・キベリクシヒゲボタル・サキシママドボタル・ムナグロボタル・ヤエヤマヒメボタル・ヨナグニホタルモドキという9種のホタルが棲息していますが、なかには発光しないホタルとか、ホタルの格好(ヘイケボタルやゲンジボタルのようなホタルらしい姿)をしていないものも居るので、代表的なホタルとして3種類がホタルらしくて親しみやすいでしょう。

キイロスジボタル・ヤエヤマヒメボタル・・・そして本日主役の、オオシママドボタル。

世界には水生のホタルが殆どなのですが、陸生のホタルが日本が最も多く住んでいる場所でもあります。水生とは・・・幼虫のときに水の中で生活する種類、陸生とは・・・陸で生活する種類なんですが、有名なゲンジボタルは水生ホタルです。

本日の画像はその陸生ホタルの「オオシママドボタル」の最終幼生です。かなりデカイやつで、そろそろ脱皮して成虫になるだろう時期です。好物はカタツムリ・・・細長い頭部を殻の中に突っ込む形状にウマく進化しています。夜はお尻が光ってとても美しい昆虫です。


次のお客様は、ご存知のヤシガニさん。ごそごそ出てきて、私は普通に見ることが出来ます。






















お腹のブルーが美しすぎる。。。






















面構えもカッコよくて、たまりません。























石垣に限らず、沖縄や日本全国にはひと昔まで見る事が出来た生き物達がだんだん少なくなってきています。彼らもまた私達の隣人。大切にしたいと思います。


それでは、野生の王国より。










トラックバック(0)