八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
振り込め詐欺未遂 その2。
2012/11/29 16:20:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 こころがけの話し

完結へ向かいます。


見事に水際で阻止した、銀行の担当者。そして、すばやく駆け付けた警視庁専従捜査官。。。

ここまでのストーリーがあまりにもスピーディーで既に犯人逮捕に向けた動きがスタートしている。


捜査官はまず、お姉さんの自宅に一緒に戻る。複数の捜査官は自宅周辺の不審者がいないか私服で警備をしていたらしい(人数は伏せときます)。。私がその時社宅にいたら一度は声を掛けられたと予測が出来る。かなり怪しいからな・・・

自宅に入った捜査官はお姉さんに・・・
「次にお金の受け渡し場所を指定してきますので、最寄の〇〇駅を指定して下さい。」
「そして、受け答えはこんな感じでお話し下さい・・・」

ごく自然に、普段通りに・・・と言う内容ですが、お姉さんはこう言われたら、こうしようとか色々シュミレーションしていたようです。早々とお姉さんの携帯にはマイクが付けられて、周りの捜査員のイヤホンに聞こえるようになっています。


そして、あの番号から着信が・・・・
「お金、下ろしてるわよ。あまり遠くへ行けないから最寄の駅でいいかしら?」
「うん、悪いね・・・」
「・・・・・」
駅を指定してこない。。。

お姉さんは「〇〇駅で待ってるから何時頃がいいのかしら?」

「じゃあ、何時に行くよ・・・もしかしたら僕が行けないかもしれないからさっ、その時は、電話するよ。じゃあ、悪いね・・・」

電話は切れる。

捜査員、お姉さん・・・何故だか大ちゃんも〇〇駅に向かう。

寒い日です。お姉さんは捜査員に渡された封印されているお札の入った手提げ紙袋を持って、指定された時間に駅に到着。この時、お姉さんにはとあるモノが捜査員から渡されています(内緒)。

駅には捜査員がエライ人数配置(内緒)・・・ごこからでもお姉さんが見える場所と、逃走路にも捜査員がスタンバイ。さあ、電話、鳴れ!

暫くすると、お姉さんの携帯が鳴る・・・・・
「もしもし、〇〇?どこにいるの?」
「うん、いまホームに降りたところ、1人?」
 
犯人は確実に近づいて来ている。。。次のお姉さんの一言を捜査員全員が待っている・・・・道行く人は、お姉さんが今まさに世間の敵、振り込め詐欺犯人の尻尾を掴むとは誰も知らないだろう・・・

「私、どこに行けばいいですか?」
「プーッ・・・」

切れた。

お姉さん、緊張したか、絶対に捕まえてやるという意気込みが出てしまった!!!丁寧語を使ってしまったのだ!!!

犯人グループは電話の周囲を感じ取る事の出来る集団です。ちょっとした心の動揺を察知して危険回避をします。あくまでも自然に振舞わなければならない・・・難しい役をお姉さんが演じていたのですが・・・あと、一歩でした。。。



捜査員も残念がっていたようですが、こんな事も言っていたようです。。。

「私達の動きのパターンを研究していた案件かもしれませんね、手口をドンドン変えてくるのですよ。お金が手に入らなかったからと言って、その方に危害を加える事はしません。」

お姉さんも悔しくて仕方が無かった様子・・・・私にお話ししてくれる程ですから。。。

捜査官が最後に、この未遂事件の一部始終を、どんどんお友達に話してください。そして、広めていって下さい・・・・と言われたそうです。

担当した捜査官は3度逮捕に至らず、今回4度目でしたが・・・次回持ち越しと言う事で、こちらも悔しそうだったとの事でした。


今回の受け渡し人物は、主犯ではなく、アルバイトや下っ端の仕事です。犯人に行き着くには遠い存在ですが、色々な案件を組み合わせていくと、振り込め詐欺集団が幾つあるかなどと分かるそうです。その為にも、是非、確保したい人物だったとの事。




そんな目まぐるしい1日を終えて、自宅に戻ったお姉さんがゆっくりしていると。携帯に着信音。。。あの番号だ・・・


「バレバレだったよ」


と一言。



お姉さんは、慌てて捜査官に電話。


「大丈夫ですよ、お金目当てですから。それと、あの携帯番号はもう止めましたからご安心下さい。その契約者から捜査を始めています。〇〇さん、迫真の演技、凄かったですよ」


ほんの少しの足跡も見逃さない捜査官の執念はスゴイですが、これだけ注意しなければいけない新たな振り込め詐欺、現在は現金手渡しが増えてきています。


2011年全国で127億8179万円、1件当たりの被害額は214万円。2010年度より24%ほど被害額が増えています。今年2012年は増えていないことを願わずにいられません。



どうぞ、おじいちやん、おばあちゃんに、離れているお父さん、お母さんに機会があればお話し下さいね。お金が必用な時の合言葉を決めておくとか・・・絶対、騙されないといという気持ちは持たず、ご家族でルールを決めるのもいいかも知れませんね。


「バレバレだったよ。」・・・・

さすがの捜査官も少し間を置いて答えたようです。。


騙しのテクニックは日々、巧妙になっています。
トラックバック(0)