八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
自然の風景。
2013/05/18 22:03:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 行く先々の話し。

桜の季節が終わり、桜の木には誰も見向きをしなくなる季節です。せいぜい、毛虫が多くて困りますわ・・・かな。

でも、桜は次のステージに向かいます。満開の桜を散らした後、受粉しためしべは実になります。鳥たちに食べてもらい子孫を残す準備をしています。

咲き終わった桜の木を見て下さい。小さな実を付けている木があります。

道を歩いていると地面に桜の実が落ちています。






















































見上げるとこの木にだけ、たわわに桜の実がなっていました。花を愛でるだけでなく、その後の桜の木にも目を向けてみると新たな発見があるもんです。























































話題は変わりますが、お邪魔している事務所裏で朝、休憩していると・・・地面がなにやらキラキラしていました。爽やかな風が吹き、辺りの木々が揺れていた朝でした。

よーく見ると、揺れる葉からこぼれてくる木漏れ日が、ピンホール効果で太陽のまん丸の姿を映し出している場面でした。風の無い日ではこのようなまん丸の木漏れ日にはならないようです。






















































日蝕観測では偏光グラスをかけて観察するより安全で、推奨されている観測方法です。昨年5月の日蝕ではこのような観測方法で多くの人が木漏れ日の日蝕画像を残しています。









































次回、日本で見れる日蝕は2016年3月9日。日本各地でこんな感じで見られます・・・すごいね予測しちゃうんだから・・・天地明察!




















そうそう、こんな道具あると便利。ピンホールってすごい!























桜の実から日蝕まで話しが飛んでしまいましたな。。。


それでは。
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。