八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
シーラカンス
2007/12/26 14:23:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 先日、日本の研究機関で生きた化石「シーラカンス」の解剖が行われました。本格的な学術解剖は初めてのようです。

解剖の立会いには、魚類研究で知られている秋篠宮様もご覧になったとのこと、ことの重要さが伺えます。

さて、なぜ生きた化石かというと・・・

シーラカンスが地球上に出現したのは、今から4億年以上前から3億6700万年前頃のデボン紀と呼ばれる時代の中頃です。化石によって、シーラカンスの存在は知られていましたが、白亜紀(1億4000万年前〜6500万年前)以降の地層からは化石が発見されませんでした。そのため、シーラカンスは恐竜とともに絶滅した古代魚だと思われていたのです。実際には、深海でひっそりと現代まで生息していたのですけれどね。

まっ体の特徴など話せば長くなりますが、現在、化石で発見されているシーラカンスと全く同じ姿ですのでそれは凄いことですよね。

もともと、浅瀬に住んでいたシーラカンスがなぜ深海に生きる場所を求めていったのかは、彼らに聞くしかないのでしょうが、祖先はさんさんと降り注ぐ暖かい所で生活していた彼らが、今は深い海にその姿を隠しているのはなんだか健気な感じさえします。

このまま研究が進み、個体数を増やす事が出来るのなら素晴らしいことです。

因みに、シーラカンスは遺伝子的にみると「カエル」に近いそうです。

現在でもインドネシアで釣り上げられる事がたまにあるそうです。そういった個体が研究材料にされるのです。好きな人は買って、剥製にするでしょうね。。。でも、日本に個人的に輸入できませんよ。。
uppic uppic
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。